This is default featured slide 1 title

Go to Blogger edit html and find these sentences.Now replace these sentences with your own descriptions.

This is default featured slide 2 title

Go to Blogger edit html and find these sentences.Now replace these sentences with your own descriptions.

This is default featured slide 3 title

Go to Blogger edit html and find these sentences.Now replace these sentences with your own descriptions.

This is default featured slide 4 title

Go to Blogger edit html and find these sentences.Now replace these sentences with your own descriptions.

This is default featured slide 5 title

Go to Blogger edit html and find these sentences.Now replace these sentences with your own descriptions.

2017年7月25日火曜日

女子3人で浴衣を着て東京湾納涼船に乗ってみたら想像以上にスゴかった!


こんにちは!CanCam it girlの尾身綾子です♪ そろそろ夏の暑さも本格的になってきました!
夏といえば、海やプールなど楽しいイベントがたくさんありますが、中でも女子が好きなイベントといえばお祭り♡
浴衣を着てお出かけする、普段と違った雰囲気にワクワクしますよね。
わたしの今年初浴衣デビューは、「東京湾納涼船」!
船の上で、飲食を楽しめる上に、綺麗な夜景が見られる東京湾納涼船は、毎年多くの人で賑わっています。
そんな話題の東京湾納涼船に、CanCam it girlの渡辺光沙子ちゃんと、佐藤真瑚ちゃんと遊びに行ってきました!

■月〜金は浴衣姿で1000円OFF!

納涼船の嬉しいポイントは、なんと浴衣着用の場合入場料が1000円オフに!
お気に入りの浴衣を着て、行ってきまーす♪

■船の上でする乾杯は最高♡

だんだん外も暗くなり、いい感じの雰囲気に。 海の上での乾杯は、開放感があって最高でした♡
いよいよ出航です!

■レインボーブリッジの真下を通過

納涼船の醍醐味とも言えるレインボーブリッジ通過の瞬間は、本当にワクワク!
ライトアップされたレインボーブリッジをこんなに近くで見られるのは納涼船だけ♪

■オススメのフォトジェニックスポットは、船の先端!

私が個人的にオススメする納涼船のフォトジェニックスポットは、テーブルと椅子が置いてある飲食スペースを抜けた先の、最上フロアの船の先端。
人がいなくなったタイミングを見計らって、ど真ん中のポジションで写真を撮ることができてラッキー♡
これはインスタ映え間違いなし!

■飲んで食べてはしゃいで、大満足♡

納涼船に大満足の私たち♡ たくさん食べて、たくさん笑って、今年の夏のとってもいい思い出になりました!
6月30日から、10月9日まで、毎日19時15分に出航している東京湾納涼船。 みなさんもぜひ足を運んでみては?♡(尾身綾子)
撮影/石山貴史、スタイリスト/西田慶子

「稼げる子」に育てたいなら会計を学ばせよう


最初は簡単なことから始めるといいでしょう(写真:freeangle / PIXTA)
ビジネス誌の特集や新刊書籍で、「会計」をテーマにした出版物が話題になっている。経営者や経理担当だけでなく、一般社員も会計の知識を得てそれを使いこなすことが必須という風潮だ。
「大人になってからでは遅すぎる。子どものうちから会計の視点は大事だ」と説くのは、『年収1000万円「稼げる子」の育て方』の著者、林總氏。なぜ、子育てに会計の視点が必要なのか。どうやって子どもに授けるのか。林氏が解説する。

会計を学ぶと「視野」が変わる

そもそも管理会計とは何か。管理会計は、「マネジメントアカウンティング」の和訳で、経営者が適切な経営判断をするための会計のことです。管理とは目標を設定し、統制すること。会計とは、活動を貨幣価値に置き換え、見えないものを見えるようにするツールです。
会計を学んだ人とそうでない人のいちばんの違いは何でしょうか。それは、判断力です。なぜなら、会計を学ぶと、
・長期的に見ることができる(人より長い時間軸を持つ)
・俯瞰(ふかん)できる(より広い視点で現状把握できる)
という「会計の眼鏡」を手に入れられます。この「よく見える眼鏡」で物事をとらえ、そのうえで判断を下すため、精度の高い判断になります。
「会計の視点による精度の高い判断力」の一例を挙げましょう。20世紀の初め、アメリカのゼネラルモーターズ(GM)が、過大投資による倒産の危機に直面したとき、社長に就任したアルフレッド・スローンは巨大な会社をシボレー、ビュイック、オールズモビル、オークランド、キャデラックの事業部に分け、それぞれが企業内企業して独立性を保ちながら業績を追求し、最終的には社長がすべてを統制する組織を作り上げました。
ここで用いられたのが、投資したおカネでいくら利益を上げたかを示すROI(投下資本利益率)という経営指標を使った会計手法でした。
ROIとは「利益÷投資金額×100」という式で割り出します。
会社経営で大切なことは、どれだけ投資して利益を稼いだかということです。たとえば、キャデラック部門という高級車を作る事業と、シボレー部門という大衆車を作る事業を比較する場合、生産台数や従業員数ではどちらが儲かっているかはわかりません。
また利益額そのものを単純に比較しても、どちらが儲かっているかはちゃんと把握できません。それがROIを使えば、すぐにわかります。
キャデラック部門の利益が50億円、シボレー部門が60億円だったとします。対して投資金額はキャデラックが1000億円、シボレーが2000億円。ROIはそれぞれ下記のようになります。数字は実際のものではなく、あくまで仮定です。
キャデラック部門ROI:50億÷1000億×100=5%
シボレー部門ROI:60億÷2000億×100=3%
絶対的な利益の金額でシボレーのほうが大きくても、投資金額に対するリターンが大きいのはキャデラック部門ということになります。
会計の目をもたないと、生産台数や利益の絶対額にばかり目がいってしまい、的確な経営判断ができません。実際、会計の素養がなく利益を増やしたいあまり、無節操ともいえる莫大な投資を進めて資金繰りが行き詰まる例はゴマンとあります。スローンが就任する前のGMがそうでした。
スローンは会社全体を事業部に分けて、利益金額ではなく、投資に対する利益を求めました。これにより、GMの財務は強化され、しかも市場の異なる事業部が切磋琢磨(せっさたくま)してマーケティング力をつけた。会計の力により巨大企業を効率的に束ねることに成功しました。
会計を使った経営は1929年の大恐慌でも大いに役立ちました。アメリカの年間自動車販売台数が5分の1に激減するなか、GMの売り上げも190万台から53万台に落ちたのですが、本社が事業部の販売と財務の状況を把握していたため、素早い対応により危機を乗り切れました。

おカネは賢く使ってこそ成果が上がる

私たちはついつい多くおカネがあれば競争に勝てると思いがちですが、現実は違います。持っているおカネを賢く使ってこそ成果が上がるのです。
賢くおカネを使うためには、目標と行動計画、そして現状をおカネに置き換えることが大切です。これは企業や家計はもとより、一人ひとりが人生を生きるために幼い頃から身に付けておくに越したことはない常識ともいえます。
拙著『年収1000万円「稼げる子」の育て方』では、3つの幸福条件を定義しています。
① マネープレッシャーのない暮らしができる
② 好きな仕事ができる
③ 教養が身に付いている
会計の知識は、①の「マネープレッシャーのない暮らしができる」という条件に大きく関係してきます。いつも日々の支払いに追われ、おカネの不安を抱えて汲々(きゅうきゅう)としていることです。 おカネがないのは、本当につらいものです。私が中小企業のコンサルタントをしていた経験からいえば、経営が行き詰まっている会社は、例外なく社内の雰囲気が殺伐としていました。倒産の恐怖にかられ、心に余裕がないのだから、当然の成り行きといえます。
当たり前ではありますが、
支出より収入がつねに上回っている=黒字状態
であれば、マネープレッシャーとは無縁となります。「お金持ちになる」のではなく、「死ぬまで黒字でいる」という意識がまず大事です。子どもにも「黒字」意識をつける教育が大事。そのために会計の視点や知識を子どもに授けるのが、望ましいのです。
実際にはどうしたらいいでしょうか。損益計算書(PL)、貸借対照表(BS)、キャッシュフロー計算書という「財務3表」の読み方を教えたらいいでしょうか。それとも一緒に複式簿記の勉強をしたらいいでしょうか。
私は、普段の会話の中で事象を数字でとらえることから始めてみるといい、と考えています。
たとえば、「新幹線が将来的に時速400キロメートルの運転を目指す」というニュースを耳にしたら、一緒に「なぜか」を考えてみるといいでしょう。
「同じ車両で2往復するほうが多くの乗客が運べるから売り上げが増えるし、コストはあまり変わらないからだね」
「じゃあ、運転士はこれまでの倍の運転をすることになるけど、給料も倍増するの?」
「1日に働く時間が同じだと思うから、給料はそのままかもね」
「時速400キロメートルなんて怖いから危険手当も欲しいよ」
「すぐ着いちゃうから車内販売はなくなるね」
「弁当屋さんは打撃かもしれない」
など、さまざまな方向に思考を広げていくことで、確実に子どもの視点が変わってきます。

教育費を会計と親の愛で読み解く

たとえば大学の学費について、日本では親が出すのが当たり前のような風潮がありますが、会計の視点で考えてみましょう。
おカネが動けば、その背後には必ず理由があります。会計ではこれを仕訳で表現します。親が子どもの学費を支払えば、それは、
(1)子どもに対しての貸し付けであるか
(2)貸し付けた返済を免除する贈与であるか
上記のどちらかです。

『年収1000万円「稼げる子」の育て方』(文響社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします
子どもから見れば、(1)は借り入れ、(2)は受贈です。
子どもに学費を出すのが親の当然の義務と考えたり、子どもが学費を出してもらうのを何とも思わなかったりするのが、当然とは言い切れません。甘えかもしれません。
実は私自身が会計を学び、子どもを持つまでこのことに気づきませんでした。親が子どもの学費を払うのは、子どもには稼ぐ力がないために代わりに支払っているにすぎません。つまり子どもに学費を貸し付けているわけです。とはいえ、そこには親の愛情が働きますから、貸付金の返済はあえて求めない。そのような視点で会計を学ぶことは大変意義深いのです。
(林 總:公認会計士、明治大学特任教授)

がん患者の髪が黒々と 白髪治療薬に道?

がん患者の髪が々と 白髪治療薬に道?

[AP通信]
 新薬の治験を受けたがん患者の白髪が思いがけず若々しい茶色や黒によみがえり、医師らを驚かせている。
 抗がん剤を使った化学療法は髪が抜ける副作用で知られるが、今回髪色が濃くなった14人のがん患者は全員が新しい免疫治療薬の治験中だった。新薬の効き方や副作用はそれぞれ異なるが、スペインの研究チームによると、少なくとも肺がん患者に対しては、毛髪の色素を復活させる効果が含まれる可能性があるという。
 「最初の患者については、特殊な事例だろうと思った」とバルセロナ自治大学の皮膚科医学博士、ノエリア・リベラ氏は語る。
 だが研究チームはその後、他の患者にも治療前の写真をみせてもらい、同じ現象を確認できたという。
左は治療前、右は治療後(JAMA via AP)
 14人の患者の事例は、新薬「キイトルーダ」「オプジーボ」「テセントリク」について何か好ましくない副作用が出ないかどうかを52人の肺がん患者を対象に追跡調査していた中で確認されたもの。
 大半の患者の毛髪に色の変化はなかったが、14人もの患者に変化が生じたことは、これが特殊な事例ではないことを示唆している。14人のうち13人の患者は髪全体が濃い茶色や黒によみがえり、1人は一部の白髪が黒くなった。
 もう1つ不思議なことには、これらの新薬ではこれまで、皮膚がんの一種であるメラノーマ(悪性黒色腫)の患者については、髪が脱色する副作用が確認されている。
 スペインの研究チームによると、治験中、14人の患者のうち1人を除く全員は少なくとも安定した病状が保たれ、他の患者よりも高い治療効果が認められたという。彼らの髪色が濃くなったことは、薬が効いている兆候とも考えられる、と研究者らは指摘する。
 リベラ氏は今回の事例が偶然ではないことを確認すべく、今後も研究を続けていく方針だという。
 米ノースウェスタン大学の皮膚科教授、ジューン・ロビンソン博士は「興味深い報告だ。こうした発見は不意にやってくる」と語る。ロビンソン氏は医学雑誌JAMA Dermatologyの編集者でもあり、今回の研究結果は今月、同誌のオンライン版で発表された。
 ロビンソン氏は、今回の結果についてはさらに深く調べる必要があると指摘。一方で、「これが白髪の新しい治療法につながると考えるのは早計だ」とも警告している。
 リベラ氏も、「治験薬には、健康な人たちにとって安全ではない深刻な副作用がある」と指摘。ただし毛髪の色を変える効果が確認されれば、白髪治療のための別の薬が新たに開発される可能性があるという。
左は治療前、右は治療後(JAMA via AP)
 製薬業界はこれまでにも、薬の副作用を意外なかたちで活用している。例えば、男性型脱毛症の治療薬「プロペシア」、まつげ育毛剤「ラティース」、シワ取りの「ボトックス注射」などがその例だ。こうした薬の有効成分はもともと、前立腺肥大、眼圧異常、眼瞼痙攣(がんけんけいれん)の治療薬として承認されたものである。

開発したい案件と辞退したい開発案件。

開発したい案件、
第1希望。自分でプログラミング言語を選べる案件。こちらにはPythonを提案してシステムを開発したいです。

第2希望。開発案件がPHP、Go言語、Swiftの案件。

辞退したい案件は、JAVAとperlとRubyとC言語、C#、C++、VC++、VB.netの案件です。
JAVA11年の経験は捨てます。

Python、Go言語、Swiftは、学習中です。
HTML5、CSS3、JavaScript、SQL DATABASE等の基本は出来ております。

何卒宜しくお願い致します。

WEBプログラマー
石塚 正浩
cloud9slack@gmail.com
iphone:070-5087-3963

2017年7月24日月曜日

血液1滴、がん13種早期発見…3年めど事業化


 国立がん研究センター(東京都)などは、血液1滴で乳がんなど13種類のがんを早期発見する新しい検査法を開発し、来月から臨床研究を始める。
 同センターの研究倫理審査委員会が今月中旬、実施を許可した。早ければ3年以内に国に事業化の申請を行う。
 一度に複数の種類のがんを早期発見できる検査法はこれまでなく、人間ドックなどに導入されれば、がんによる死亡を減らせる可能性がある。
 検査法では、細胞から血液中に分泌される、遺伝子の働きを調節する微小物質「マイクロRNA」を活用する。がん細胞と正常な細胞ではマイクロRNAの種類が異なり、一定期間分解されない。
 同センターや検査技術を持つ東レなどは、がん患者ら約4万人の保存血液から、乳房や肺、胃、大腸、食道、肝臓、 膵臓(すいぞう) など13種類のがんで、それぞれ固有のマイクロRNAを特定した。血液1滴で、がんの「病期(ステージ)」が比較的早い「1期」を含め、すべてのがんで95%以上の確率で診断できた。乳がんは97%だった。

2017年7月23日日曜日

非正規教員を「未来が真っ暗」のままにしてはいけない 「夏休みは無給」「そもそも来年度以降も先生できるか分からない」という不安 篠原みつき

非正規教員を「未来が真っ暗」のままにしてはいけない 「夏休みは無給」「そもそも来年度以降も先生できるか分からない」という不安

篠原みつき
教育は、どうあっても国としてきちん取り組むべき問題です。ですが近年、少子化を見越して正規教員の採用数を減らして非正規の臨時採用を増やした結果、先生が足りないという事態になっています。7月4日放送のNHK「おはよう日本」(NHK総合)では、全国の小中学校で717人もの先生が不足しているとの特集があり、ネットでも話題になりました。
そんな中、7月13日のはてな匿名ダイアリーに「新卒の非正規教員(女)だよ」という投稿が寄せられました。投稿者は、在学中に受けた県の教員採用試験には不合格だったものの、臨時登用として今年4月から県立高校で非正規教員を勤めています。夏休みが近付き、無給になることなどを考えると「未来が真っ暗」と訴えました。(文:篠原みつき)
「授業が無ければ給料も出ない」ことに気づき愕然
投稿者は、週のコマ数が決まっていて「時間単価」×「勤務コマ数」で給料が支払われる「時間講師」で、部活の顧問なども行う期限付きの「常勤講師」ではありません。非正規とはいえ「生徒から反応が返ってくるこの仕事にやりがいや充実を見出している」と、仕事に意欲的です。
しかし5月下旬の試験期間中、「授業がなければ給料も出ない」という事実に愕然とします。補習も正規教員で足りる夏休み期間などは、自分の授業が無いことに気づいたのです。
幸い実家暮らしのため、すぐに困窮することはありませんが、実家から通えない場所に配属されたら、一人暮らしだったらと考えると、不安が次々に湧いてきます。
「非正規なので社会保険にも加入できず、自分で国民年金16000円を払っている」
「こんな月収(月12~14万円)でも年額130万円を超えてしまうので、親の扶養にも入れない」
空き時間には教材の研究や試験の採点などを行いますが、その時間は無給。交通費や通勤時間もかかり、他の仕事をしようにも時間の自由は利かず、八方ふさがりです。
「これから先どれくらいこの身分の恐ろしさを痛感するのか、未来が真っ暗である」
そもそも来年度以降も勤められるかは分からない……と、戦々恐々としています。
文科省は教員の「やりがい」を推すだけで良いのか
この投稿は注目を集め、1000以上のブックマークつきました。コメントには、
「どうしてこの国はこんなにまで教育をケチるのだろうか。人をなんだと思っているのか。腸が煮えくりかえるとはこのことだ。霞でも食えというのか」
など、教育にお金をかけない国に対する怒りの声が多く上がっています。NHKの放送の中で文科省の担当者は、「待遇改善は間違いなく働き方改革の論点」としながらも、「教員という仕事の重みややりがい、魅力を発信していきたい」と話していました。他方、慶應義塾大学の教授は、教員の採用計画を長期的に再検討する必要を説いていましたが、肝心の文科省がまだ「やりがい」推しとは、残念でなりません。
OECDの2016年調査では、日本の「公的教育支出の対GDP比」は6年連続でOECD加盟国中下から2番目(最下位はブラジル)でした。大学進学率も下降しており、2012年の51.2%は、OECDの平均値である62%を大きく下回っています。
これは、尾木直樹氏の著書『取り残される日本の教育 わが子のために親が知っておくべきこと」(講談社+α文庫)を参照していますが、尾木氏は
「このまま日本の教育力が低下していけば、国全体が衰退してしまう危険さえあります。そうならないために、私たちはもっと声を上げなければならないように思います」
と警鐘を鳴らしています。そうした思いを抱くのは尾木氏だけではないでしょう。
投稿者は反響の大きさに追記して、「正規になってもブラックだ、と言われても、『先生になりたい』という気持ちそのものは揺るがない」と、採用試験へ意欲を燃やしています。教育は未来を作る仕事であるとして、公教育の役割の大きさを力説していました。こんなに熱意とやる気に満ちた若者の未来を、真っ暗なままにしておいていいはずがありません。